病院の効率化を図るなら電子カルテを今すぐ導入しよう

ビジネス

継続的なリピーターを得る

インバウンドは、訪日外国人のことで主に観光で訪れる人たちを指します。国の施策によって大幅に日本を訪れる外国人は増えていますが、一方で継続的な利益を得るためにはリピーターを育成するといった努力もインバウンドには必要となっています。

工場

ピッタリの工場を

大阪には貸工場がたくさんあります。中には短期契約が可能なものもあるので、一時だけ大阪で工場設備を活用したい方も安心です。貸工場専門の不動産サイトもあるので、まずは気になる場所の検索から始めてみてはいかがでしょうか。

クリニック

患者を獲得する機会にする

歯科の内覧会は、患者さんを獲得する良い機会なので、力を入れて行う必要があります。特に患者さんに負担をかけない治療ができることをアピールできれば、患者さんの数を増やすことができます。ネットやチラシを使った宣伝も大切です。

医療機関の情報化

看護師

多様な端末が使える

多くの病院で導入が進められている電子カルテは、従来の紙のカルテを使わず、情報をコンピューター上に記録します。キーボードやマウスの操作が必要となることから、パソコンに慣れていない方には取り扱いが面倒という欠点がありました。しかし現在の電子カルテは、タッチパネルやペンタブレットなどを利用して、直感的に操作できる製品も多くなっています。パソコン以外に各種モバイル端末から利用できる製品も増え、導入のハードルは低くなる傾向があります。紙のカルテは専用のスペースに保管しておき、必要になったとき探し出して持ち運ぶ手間がかかります。電子カルテは端末から入力すれば、院内のどこからでも、いつでも瞬時に呼び出せるという特徴があります。そのため診察の際も会計の際も待ち時間を短縮でき、業務の効率化に大きく貢献します。またレセプトなどを自動的にチェックする機能もあり、単純なミスを防げるという利点もあります。このほか保管場所が不要で、整理整頓の手間がかからないこともメリットのひとつです。電子カルテはデータを電気信号で記録するため、情報の漏洩や事故による消失には注意しなければなりません。導入の際にはセキュリティチェックや、非常時のバックアップ体制にも着目することが大切です。ネットワーク上に保存できるクラウド型のシステムもあります。一口に電子カルテといっても多彩な製品があるので、医療機関の規模に応じて利用しやすいシステムを選んでください。