病院の効率化を図るなら電子カルテを今すぐ導入しよう

継続的なリピーターを得る

ビジネス

観光立国の勝負どころ

インバウンドとは、入ってくる、内向きといった意味のことで、ビジネス用語としても使われてきましたが、近年の日本においては海外から日本へ来る観光客を指す言葉としても使われています。特に国の政策として観光立国を標榜しており、その結果、訪日外国人数は過去最高となっておりインバウンドはひとまずは成功しているといえます。しかし、観光においては物珍しさからやってくる人がほとんどで、これからもそれらを維持し続けるためには継続的なリピーターを得ることが重要になってきます。特に良質のリピーターを得ることができれば、継続的に利益を得ることが可能ですし、またリピーターが多い地域ほどインバウンドの効果は高まります。インバウンドを進めるポイントとしては、観光客の需要を理解して、それらのニーズにあったものを提供することです。ニーズそのものは、さまざまで都市部においては観光より買い物で訪れる人も多くいます。また観光にしても、せっかく遠い国からやってきたのですから、長期滞在型の方がニーズがあります。また集客する際にはちょっとした工夫がポイントです。例えば外国人の多くはインターネットの情報を頼りに訪れてくるのがほとんどですから、無料で使える公衆無線LANを用意することでも集客に繋げることができます。また言葉の壁もありますから、あらかじめ案内板やパンフレットなどを用意するなりして、言葉の不安を取り除くことが未然のトラブルを防ぐことにも繋がります。